かかし @リコーフレックスver.

前記事でUPしたところのフィルムバージョン。


やっぱりフィルムはいいなぁ。

特にブローニーは、画像が綺麗だし、

この空気感は、デジでは出せないんだよね、と思う。


11/5,6と第4回目のながさきリンネが開催されて、

ずっと行ってみたいと東京に居た時から思っていたので、

お友達と出かけてきたのだけれど、

そのとき、長崎市内をぶらぶら歩いていて、

たまたま目に留まったカメラのイラストの看板。

なんか気になる!と寄ってみたら。。。

あるわ、あるわ、

店内に所狭しと飾られたフィルムカメラたち。

そして、近くでは売っているところさえなくなってしまった

ブローニーのフィルムを発見!

改めて値段を見て、ホント、高いなぁ・・・

と思いつつ、でも、やっぱり買う!


そして、そのお店、なんとブローニーの現像を

店内でされているというではないの。

色合いなどの指示もその場で出してOKというし、

日・月は、現像代半額デーだそうで、

しっかりカードも作ってもらってきました。


フィルムカメラの無料レンタルをされていたり、

狭い店内の壁面を使って、ちょうど猫の写真展をされていたのだけれど、

なんと、展示無料なのだそうだ。


かなり面白そうなお店。

こういうお店、ないかなって探してた。

難点は、ちょっと遠いことだよねぇ。

でも、月一度ぐらいは、行ってみてもいいのかも。

他にも何軒か気になるお店を見つけたのでね。


そして、カメラのことはよくわからないけど、

一眼レフが欲しい、やってみたい、という友人に、

そのフィルムはさっき買ったのとどう違うの?と聞かれ

(別のお店で、35㎜のフィルムを買っていたので)

フィルムサイズの違い、カメラの違い、仕上がりの違いなど

説明していて、そして思い出したことがあった。


いいなと思った写真があったら、

大きくプリントしてみて。

ブローニーの良さは、大きくプリントしたら

はっきりわかるから、って。

ハッセルやリコーフレックスを買ったとき、

お店のおじちゃんに、散々言われたよなぁって。

しばらく、プリントさえしてないもんね。

やっぱりプリントしたい。


そしてその後、フィルム心にまた火がついて(; ̄ー ̄A

ハッセル片手に、伊万里・有田の写真散歩をしてきました。


久し振りのハッセル、フィルム装填の仕方をすっかり忘れ、

一本目、思いっきり大失敗して、高いフィルムを無駄にしてしまうという(;´▽`A``

でも、もう一度同じところを歩いて撮り直してみたりと、

ゆっくり、のんびり、写真散歩を楽しんできました。

合計3本、今度長崎市内へ行くときに、そのお店で

プリントしてもらってこようと思います。

まだしばらく先になるかもですが。

いつもカメラを...

どこへ行くのもいつもカメラと一緒、カメラ歴11年目のアマチュアカメラマン。メインカメラfujifilmX-pro1。フィルムカメラは、Hassellblad503CM、CONTAX-RTS、リコーフレックス、KlasseW、ミノルタα-7他、canon ⅡD改、Fujica6、minolta HI-MATIC E等、義父の形見のカメラ色々有り。2012年東京→長崎県西のはしっこへ移住。

0コメント

  • 1000 / 1000